スペインのビールはモリッツから始まる。

フランスのアルザスからバルセロナに降り立ったルイス・モリッツにより1856年から醸造所の歴史が始まりました。当初小規模で作り始めたビールは、その美しさにより瞬く間にバルセロナ、カタルーニ地方で大人気のビールとなります。1970年後半にスペインが経済危機に陥り、モリッツもその煽りを受けて1978年に生産停止に陥りましたが、2004年にモリッツ家により再建されました。レトロとスタイリッシュを融合させたモリッツブランドが再構築され、ピレネー山脈の麓から湧き出る天然水を贅沢に使用したビールはバルセロナの地元民から広く親しまれ、高い人気を誇ります
 

バルセロナが生んだプレミアムピルスナー

 
モリッツ オレジナルはバルセロナの人々に絶大なる人気を誇るプレミアムビールです。ピレネー山脈から湧き出る天然水と上質なチェコ産のザーツホップを使用する事で、淡い黄金色に輝き、飲み口は滑らかで心地よく、モルトのかすかな甘みとザーツホップの華やかな香りが特徴の高級感溢れるラガービールに仕上がっております。
 
 
 

芳醇でコクのあるストロングラガー

 
長い発酵期間を経て、贅沢に醸造されたエピドールは7.2%までアルコール分を高める事で芳醇なコクが特徴の個性の際立つビールです。トリプルモルトを使用し、スムースな飲み口でありながらもモルトの風味が存分に楽しめます。肉やチーズなどを使った濃厚な料理と一緒にお楽しみ頂けます。

 
 
 

洗練されたホップが楽しめるペールエール

 
歴史あるモリッツがその技術と経験を詰め込んで醸造した初めての上面発酵ビール。伝統的な英国スタイルのIPA(インディアン・ペール・エール)で、ホップによる豊かな香りとクセになる苦味が際立つが、4種類の焙煎されたモルトを使用することで絶妙なバランスを醸し出している。

 
 
 
 
海外ブランド営業部

〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1-18-27
beer@showa-boeki.co.jp